所有する不動産を売りたい方へ|土地関連の法律や税制度を押えよう

土地に関する税金や法律は

図面と模型

不動産関連の売買は税金が発生するものです。そのため、税金の仕組みを押えておく必要があります。人によっては遺産相続などで寝屋川にある不動産を得た方もいると思います。そのような方は相続税が発生することを覚えておきましょう。その納期は不動産を取得して10ヶ月以内だと言われていますが、特例対象になる方は延期される可能性もあります。役所からの納税の申告が来たときは、すぐに対応することが大切です。また寝屋川の土地を購入したり新築物件を建てたときには、不動産所得税が発生します。その税率は土地や建物に限らず3パーセントだと言われています。しかし、建物といっても住宅用ではない建物だと4パーセントになる点を押えておきましょう。さらに不動産を所有することでも固定資産税が発生しますが、新築住宅や住宅用地は軽減の特例があるので調べておきましょう。このように不動産関連の税制度は多岐に渡るので、どれが自分の対象になっているのか寝屋川にお店を構えている不動産会社の方に聞いてみることをおすすめします。

また、それら税金に関することを定めた法律や、それ以外に民法で規定された不動産関連の法律があります。一般的には特に、土地の権利関係について定めた区分所有法や借地借家法などに関わる方は少なくないでしょう。しかし、これらの詳細を自分で調べるのは大変なので、常に不動産会社と連携をとっておくことが大切です。寝屋川に不動産を所有している方は、それを管理している不動産会社のスタッフに相談して、どのような法律が適応されるのか聞いておくといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加